今いる社員で成果を上げる

中小企業の社員成長支援制度

「出版記念セミナー開催のご案内」

こんにちは。

株式会社 中央人事総研  代表取締役の大竹 英紀です。

「出版記念セミナー」のページをご覧いただき、ありがとうございます。

人材育成のスペシャリストとして現場に携わり続けて25年。

だれもが再現可能で成果の出る「人材育成の仕組みづくり」を体系化した本がついに完成しました!

そのタイトルは…

「今いる社員で成果を上げる中小企業の社員成長支援制度」

そう、ポイントは「今いる社員で成果を上げる」です。

使えない人事制度を世の中から無くしたい!

使えない人事制度を世の中から無くしたい!

私が人事コンサルタントのキャリアをスタートさせたのは25年ほど前のこと。

当時は中規模のコンサル会社に努め、おもに人事評価や賃金制度などの「制度構築」のコンサルティングをしていました。

完成度の高い制度を作ろうと日々努力をしていましたが、あるクライアントから言われた一言にショックを受け、それが私の人事制度に対する考え方を大きく変えるキッカケになったのです。

その一言とは…

「大竹さん、人事制度を作っていただきましたが、なかなかねらい通りにいきませんね…」

評価がバラバラ…、調整がたいへん…、イヤイヤやらされている…

良かれと思って私が構築した人事制度によって、会社が上手くまわるどころか、逆に成長にブレーキをかけてしまっていたのです。

そんな環境の中で、社員がイキイキと元気よく働けるはずがありません。

「使えない人事制度が組織を混乱させる…」と、そのときはかなり落ち込んだものです。

それ以来、制度をつくった後の「運用」がどれほど大切かを知り、独立後もいかに社員のやる気や能力を最大限引き出すか?が私のコンサルティングの軸となりました。

その現場で支援の実践をくり返しながら作り上げた「社員成長支援制度」

私はこの本を、本気であなたの会社の成長を願って書き上げました。

なぜなら、同じ失敗をあなたにして欲しくないからです。

形だけの人事制度や、使えない人事制度はもう世の中に必要ありません。

社員が目をキラキラ輝かせ、活気に満ち溢れて働く会社になって欲しいのです。

キーワードは「今いる社員」

覚えているでしょうか?

いまから15年ほど前の2004年プロ野球シーズン。

中日ドラゴンズが落合新監督を迎えた時のこと。

「現状戦力を10%底上げすれば優勝できる」

落合監督はそう宣言して新しい選手の補強をやらずに見事リーグ優勝を果たしました。

やったことと言えば、とにかく今いる選手の底上げ。

「勝てるようになるためには、まず選手に実力と自信をつけさせるしかない…」

それをとことん実践したのです。

これは現在の多くの中小企業において、大変重要な戦略です。

なぜなら人の採用がどんどん難しくなっているから。

ご存知のように、人手不足の問題は解決の糸口が見えません。

各社が採用に多額の費用を投じながらも、ほとんどが満足できるような人材の確保ができていないのが現状です。

挙げ句にせっかく採用できたとしても、1年も経たずに辞めてしまう…

これでは、その募集にかけた費用や給与の回収さえもできません。

ウン百万円があっという間に飛んでいきます。

まさに人もお金も消えていく…そんな状況があちこちで起こっています。

ですが、人が去っていく理由の根底は、そもそも人を受け入れ、育てる体制が無かったり、出来ていないからなのです。

受け入れ体制ができていないのに社員は会社に居続けることができません。

結果、辞めていきます。

まずは人を受け入れ育てる器を作らない限り、どれだけ人を入れても同じことの繰り返しになることは明白です。

だからこそ今いる社員で受け入れ体制を強化し、社員がやる気を出して成長していける仕組みをまず最初に作る必要があるのです。

その器が出来てから、若手社員や新入社員を入れていく、という流れができれば、組織がより強固になり、人材が人財に変わっていく文化が醸成されて行きます。

そして「この会社でガンバっていきたい!」と思う社員の気持ちが芽生えてはじめて人は成長を始め、その結果、辞めていく社員が減るのです。

なぜ中小企業は人が育たないのか?

ところが現状を見渡すと、多くの中小企業がこれまでの習慣から抜けられず、同じことを繰り返している姿をよく見ます。

社長が売上額保のために日々奔走し、仕事を教えたり、教育はすべて人任せ。

伝える言葉といえば「今以上に努力して結果をだせ!」の連呼のみ。

社長のビジョンや夢が無いと、会社の向かっていく方向が社員には分からず、ただ悶々を目の前の業務をこなす日々が続きます。

そして「時間がない」「お金がない」を理由に社員の育成はいつも後回し。

これではいつまでたっても人が育つための器はできません。

つまり、社員を「使う」だけで「活用」できるようにならないのです。

社員を育て、社員の実力やモチベーションを高めるという投資をしない限り、いつまでたっても社長に負担がかかり、常にストレスを抱えながら業務や作業をこなすという代償を支払い続けることになります。

なにより、社員を「使う」だけでは、社長がいちいち指示を出さないと会社が回らず、社員が考えて動くという習慣がいつまでたっても育ちません。

その結果、社長の想いを実現してくれるリーダーも育たず、仕事を任せることもできず、何から何まで社長が…

もし万一のことが社長にあったら…という悲劇も現実によく聞く話です。

これに加えて最近では、辞められては仕事が回らなくなるから、という理由で問題社員の言動を見て見ぬふりをして、組織の秩序が保てなくなったり…

後継社長の新しい取り組みや改革に対して古参社員や番頭が言うことを聞かず、

「改革とか言ってもどうせ上手くいかないから、君たちも適当に聞き流しておいたほうが身のためだぞ」

などと残念な言動で組織に悪影響を与えるという話も耳にします。

結果、やる気のある若手社員の成長の芽を摘んでしまう、なんてことが日常茶飯事に起きています。

このような会社で果たしてやる気を出してガンバっていこう!という社員がどれほどいるでしょうか。

社長のあなたに気づいてほしいこと

私は中小企業のそうした実態を数多く見てきました。

時には社長と社員がガチンコで言い争う、修羅場のような状況に遭遇することもありました。

そのような無駄にエネルギーを浪費し、社長も社員もお互いがストレスを抱えたままの職場が楽しいはずがありません。

そんな環境で人が元気になるはずもなく、幸せになるための期待すら失せてしまうことでしょう。

そんな状況を本当になんとかしたいのです。

とにかく私が言いたいことは、余程のことがない限り、社員は何も与えずに成長することは稀だ、ということです。

「人が育っていない」とあれこれ社員の愚痴をこぼす前に、「育てていなかった」ということに、まずは社長であるあなたが気づいてほしいのです。

人財育成とは、時間とお金もかけて、いろいろな視点で学ばせる環境を作ってあげることで初めて動き始めるのです。

その取り組みを始めるためのキッカケとして本書を役立てて欲しいのです。

今いる社員で成果を上げる社員成長支援制度とは?

「今いる社員で成果を上げる”中小企業社員成長支援制度”」は、私が1年以上の時間を使って書き上げました。

「中小企業を元気にする組織変革コンサルタント」である私、大竹が、自身の長年の実践経験にもとづいて、いかにして「ピカピカに輝く社員」に成長させるのか?をなるべくわかりやすく体系化するよう努力しました。

図表や評価基準のテンプレートなどもふんだんに盛り込み、取り組みやすいイメージしやすくしてあります。

また昨今の若者達の価値観や優先事項の変化を踏まえ、どうしたら現状の人材を人財に育て上げるか、その具体的な考えかたや方法を事例を交えながら紹介しています。

少しだけ本の中身をお伝えすると…

第1章. 企業を取り巻く環境変化と企業に与える5つのインパクト

人事制度は時代とともにトレンドが変化します。

しかしその流行だけを追って人事制度を変えたために、組織の活力が失われ、競争力が落ちていく会社をいくつも見てきました。

「ひと」を中心とする仕組みは企業の独自性を反映させるものであって、決して他社の制度を真似するものではないのです。

なぜなら…

第2章. なぜ中小企業は人が育ちにくいのか

「今以上に努力して、結果を出してください!」こんな言葉をよく使っていたら要注意です。

リーダがいない…、出世したがらない…、ルールを守らない…、古株が若手のやる気を…、社長の方針が伝わらない…

などの弊害がさらに社長を悩ますことにつながっていく最悪のシナリオが…

第3章. 「今いる社員で成果を上げる社員成長支援制度」とは

「知り合いがやっているからウチもそろそろ…」

「仕組みを作って社員の尻をタタキたいので…」

「できない社員を叱るために…」

人を育てる仕組みは、人を評価するのでもなく、社員を叱って給料を下げる道具でもありません。

社長さんに確実に実行していただきたいその仕組みとは、社員成長支援制度の体系とは…

第4章. 具体的な社員成長支援制度の作成方法

指導方法や指導結果が上司にの力量によって左右される…

社長の鶴の一声で評価や昇給が決まってしまう…

言われたことしか社員がやらない…

このような状況から制度を作っていくためには、しかるべき順番があります。

「今度から、この新しい評価表で君たちを評価します」と、いきなり社員に言っても伝わりません。

第5章. 運用で社員一人ひとりの力を最大に伸ばそう

時間をかけて作った制度だが社員に説明をせずに運用をしている..

管理者が評価に慣れていないために、いい加減な評価をしてしまう…

管理者の評価がばらばらで使い物にならない…

目標設定面談は上司の一方的な話で終わってしまう…

運用で壁にぶつかるこれらの問題点を解決する方法があります。

それには6つの方法とステップがあるのです。

第6章. 導入事例〜社員成長支援制度の導入・実践とその変化

「これまでトップダウンの指示命令で現場が動いていたので、YESマンはいたが、自分で考え行動する社員はいなかった…」

「何となくやらされ感で毎日が疲弊して終わっていて、社員が挑戦しようという意識が希薄になっている…目先のことで精一杯という状態だ…」

「管理者はとても勤勉だが職人タイプでリーダーシップを発揮するようなタイプではない…」

こんな悩みを持つ社長が社員成長支援制度に取り組んだ結果、○○○という大きな変化が!!.

出版記念セミナーで生の体験をお話します

さて、ここまで、ざっくりと「今いる社員で成果を上げる中小企業の社員成長支援制度」の中身をお話ししてきました。

私は本書の内容をなるべくあなたにわかりやすく、そして実践できるように心がけてきました。

なぜなら、この本が本当にあなたの役に立って欲しいと心から願っているからです。

ですが様々な考え方や価値観をもった相手あってのこと。

そうたやすくないことも十分理解しています。

本書の内容に沿って実践しようとしても、なかなか行動につながらない人もいるでしょう。

いろんな疑問が出てきたり、壁にぶち当たることもあるかもしれません。

そこで今回、そんな前向きなあなたが本書の内容を十二分に活用してもらうためにも、「出版記念セミナー」を開催することを決定しました!

私が人材育成に携わってきた生の声をお伝えし、いまの時代の流れを踏まえた上で、中小企業に絶対に不可欠な人材育成の勘所をお話します。

セミナーでは、実際に社員成長支援制度を導入され成果を出されていらっしゃる経営者の方にもお話いただく予定をしております。現在、調整中ですが、ご本人の予定が合わないこともあります。その際は、ご了承ください。

このチャンスをぜひご活用ください。

私は本書を「絵に描いた餅」で終わらせてほしくはありません。

ぜひ、あなたの会社の社員成長支援制度の構築に役立ててほしいと心から願っています。

先に申し上げたように、今回の「今いる社員で成果を上げる中小企業の社員成長支援制度」出版記念セミナーでは、これまで私が中小企業の現場で体験してきた様々な体験をもとに、

現在の中小企業がやるべきこと、社長であるあなたがどのような考え方で取り組むべきか、その勘所をお伝えします。

どれだけ素晴らしい制度があっても、それを取り扱う人の運用のやり方によって成果は大きく変わってきます。

ですが使えない制度は、反対に組織を混乱させて、お互いの信頼関係を損なわせてしまう可能性だってあります。

この社員成長支援制度の運用に心血注ぎ込んてきた私だからこそお伝えしたいことがあるのです。

参加費、日程、会場、定員、特典、懇親会

今回の出版記念セミナーは次の日程で開催します。

【開催会場】

◆3月25日(月):会場:アクションラボ会議室 9B室

※名古屋市中村区名駅南1丁目19−27 名古屋駅 桜通口から徒歩5分

MAP:https://goo.gl/maps/9cBCaqCv3M42

◆4月19日(金):会場:OKBふれあい会館 404号室

※岐阜市薮田南5丁目14-53 JR岐阜駅(北口)より「岐阜バス」で約20分

MAP: https://goo.gl/maps/ccvS4nx7Q3u

◆4月24日(水):会場:刈谷商工会議所 大会議室

※刈谷市新栄町3-26 JR刈谷駅より徒歩15分 名鉄刈谷駅より徒歩10分

MAP: https://goo.gl/maps/QzYqi4sHWfE2

【開催時間】

◆各会場とも 13:45 〜 17:00(開場:13:30)
※セミナー 13:45~16:00  懇親会 16:00~17:00

【定員】

◆各会場とも30名(先着ご予約順)※人数が5名以下の場合は中止とさせていただくことがあります。

参加者の方とのコミュニケーションを大切にしておりますので、参加定員は各会場とも30名までといたします。

お申込みは先着順となりますのでお早めにお申し込みください。

今回、セミナーにご参加いただいた方には、下記の5つの特典を特別にプレゼントします。

また、セミナー終了後に、同会場にて懇親会を開催します(懇親会終了時刻が17時となります。)

社員成長支援制度を導入され実践中の経営者に本音を聞くもよし、私、大竹に質問してもよし、ざっくばらんな会話を楽しめたら嬉しく思います。

ぜひ、この機会に参加者どうしても交流してみてください。

打ち解けた雰囲気の中で新しいアイデアや気づきに出会うものです。

懇親会は約1時間程度を予定しています。

さて、最後にこの「今いる社員で成果を出す 社員成長支援制度」出版記念特別セミナーの参加費は、10,000円(税込)です。

10,000円には懇親会費用、書籍代(1,728円税込)も含まれます。

あなたが重要に思う幹部や社員と参加することもいいアイデアです。(参加費は別途必要)

考え方や知識を共有することで、人財育成への取り組みがスピードアップされつつスムーズに始められると考えます。

ぜひ、ご一緒にセミナーにお申し込みください。

最後に

最後までお読みいただき感謝いたします。

まもなく平成も終わり、新しい元号に変わります。

ですが時代そのものも、いま大きな転換期が来ていることを誰もがうすうす感じ始めていることと思います。

いまこそ人と人とが心で通じ合うことが大切だと考えます。

そして人間力を高めることが、そのまま会社の業績にも大きな影響を与えていくことでしょう。

「今いる社員で成果を上げる中小企業の社員成長支援制度」は次の時代にも会社を永続させるために必要となる重要な経営基盤となるでしょう。

ぜひ、この機会にセミナーにご参加いただき、あなたの夢、想いの実現のため、会社のさらなる成長発展のためにご活用して頂ければ幸いです。

あなたのご参加を心からお待ちしております。

2019年3月吉日

株式会社 中央人事総研

代表取締役 大竹 英紀

 

参加特典

特典1:社員成長支援シートひな型

特典2:失敗しない評価面談チェックシート

特典3:評価のズレをなくす評価エラーの手引き書

特典4:個別無料相談(希望者のみ、お一人90分)

特典5:賃金制度作りの資料(以下の条件の方が対象です)
※事前に書店にてこの書籍をご購入の方には、特別資料「失敗しない賃金制度の作り方」を後日、プレゼント(PDF)します。必ずセミナー当日に購入された書籍をご持参下さい。

 

セミナー日時・開催場所

対象者

会社をさらに成長されたい経営者・経営幹部

受講料

10,000円(お一人・税込・懇親会費・書籍代1,728円代含む)

日 時・開催場所

【名古屋】 

3月25日(月)

場所:アクションラボ会議室 9B室

名古屋市中村区名駅南1丁目19−27
名古屋駅 桜通口から徒歩5分 >>アクセス
時間:13:45~17:00
定員:30名

 

【岐 阜】 

4月19日(金) 

場所:OKBふれあい会館 404号室
岐阜県岐阜市薮田南5丁目14番53号
JR岐阜駅(北口)より   「岐阜バス」で約20分 >>アクセス
時間:13:45~17:00
定員:30名

【刈 谷】 

4月24日(水) 

場所:刈谷商工会議所 大会議室
愛知県刈谷市新栄町3-26
JR東海道本線刈谷駅より 徒歩15分 名鉄三河線刈谷市駅より 徒歩10分
>>アクセス
時間:13:45~17:00
定員:30名

 

今すぐお申込みください!

お申込み方法

下記申込み欄に、必要事項を記入して送信してください。お申込みいただくとご記入いただいたEメールアドレスあてに、お振込み方法などを送信させていただきます。
1週間以内にお振込み下さい。
※領収書をご希望の方は、コメント欄にその旨ご記入ください。

10分程度でメール受付の自動返信メールが届きますが、届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認の上、再度お問合せいただきますようお願いいたします。

セミナー規約について

セミナー申込期限

3営業日前までに必ずお申込ください。

キャンセルについて

お客様のご都合によりキャンセルをされる場合は、開催の3営業日前までにご連絡ください。その際は、お預かりした参加費よりご返金にかかる手数料を差し引いて、ご返金させていただきます。
※申込みの人数が5名以下の場合は中止とさせていただくことがあります。

参加席の譲渡(代理出席を含む)について

お席の譲渡は可能ですが、その場合は必ず事務局までご連絡ください。

下記お申込みフォームにご記入下さい。

会社名(必須)

お役職(必須)

お名前(必須)

住所

メールアドレス(必須)

電話番号(必須)

参加日(必須)
名古屋:3月25日(月) アクションラボ JR名古屋駅 桜通口から徒歩5分岐阜:4月19日(金)OKBふれあい会館 JR岐阜駅よりバスで20分刈谷:4月24日(水) 刈谷商工会議所 JR東海道本線刈谷駅から徒歩15分

懇親会(必須)
参加する参加しない

メッセージ本文

 

講演会レジュメを無料でプレゼント

これまで1028名が参加し、「分かりやすい!」「我が社にも導入できそう!」という評価をもらった講演会のレジュメを今なら無料でプレゼントします。