「幹部が育たない」とお悩みですか?

これは、中小企業経営者の悩みベスト3の中に入るといっても過言ではありません。
多くの経営者にとって幹部社員に対する悩みは大きいものがあります。

nayamu3「大竹さん、私自身会社におらず、なかなか幹部社員を育てる時間がなかったですね。」

「いろんな幹部向け研修を受けさせたのですが、なかなか変わらないですね。」

「幹部としての役割がどうも分かっていないんですよ。自分の仕事を優先して、部下への指導や教育については二の次です。だから、なかなか若手の社員が育っていないんですよ。」

「ウチの幹部は業績に対する意識が弱いんですよ。私(社長)がある幹部に、今月の目標について聞いても、まともに答えられるものが少ないので困っています。」

会社方針を末端の社員まで浸透させようとするも、幹部社員が自分の部下に伝えようとしないんですよ。」

 

なぜ「幹部が育たない」のか?

”幹部社員が育たない”本当の理由は3つ
  1. そもそも幹部社員に対して、どんな人材になって欲しいかという目安や基準がない。
  2. 教育そのものが場当たり的で、会社方針に合っていない。
  3. 教育や研修が会社の人事制度(評価、処遇、昇進・昇格など)とうまく連動していない。

 

中小企業にとって、社長と社員の間に入って動ける幹部社員がいるかどうかが企業成長の大きな分かれ目と言えます。
ただ、社長からの期待水準を満たすまで育つ幹部社員はほとんどいません。
とても重要なことなのにどうしてでしょうか。その理由は3つです。

幹部社員の育成を図る際に、そもそも社長が求める幹部社員の役割や姿を話していなかったり、単発で幹部向けの財務研修やリーダーシップ研修に行かせたりするだけで、社長が考える幹部社員の重要性や役割と、幹部社員本人の認識に大きな隔たりがあることがとても多くあります。

以上の3つの問題を解決するには、会社の経営理念・計画に基づく教育体系を構築し、幹部社員から一般社員まで、階層毎の研修が効果的です。
研修の効果を高め、継続させていくには人事制度(等級制度、評価制度、賃金制度、昇格制度)の活用が有効です。

 

「社員の定着率が悪い問題」を解決する手順

以下は、解決手順の一つの例です。
各社によって最適な方法は変わるため、詳細は弊社コンサルタントにお尋ねください。

ステップ① 組織風土調査

他社の組織風土との違いを階層毎に比較します。
他社との比較、自社の階層毎の比較することで、客観的な指標に基づいて効果的な人事制度と教育体系の構築を図れます。

自社の組織風土を客観的に把握できる

▶ 組織風土診断

ステップ② 階層別研修

会社のビジョンと課題に応じたオーダーメイド研修を実施します。

自ら考え行動できる社員を量産する

▶ 階層別研修

お気軽にお問い合わせください。0566-70-9777受付時間 8:45-18:00 (平日)

お問い合わせお気軽にお問い合わせください。

講演会レジュメを無料でプレゼント

これまで857名が参加し、「分かりやすい!」「我が社にも導入できそう!」という評価をもらった講演会のレジュメを今なら無料でプレゼントします。